まさかとは思うのですが、今月、3回目の口唇ヘルペスにかかった模様の黒木です。皮膚科にいって、バルトレックスという飲み薬をもらうのが手っ取り早いというか、王道なのですが、病院通いすぎて、時間を無駄にしすぎているので、今回はネットで口唇ヘルペス用の塗り薬をぽちりました。


【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム(セルフメディケーション税制対象)(2g)
【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム(セルフメディケーション税制対象)(2g)


さて、年間を合わせてお悩みの多い、「シミ」「そばかす」系の問題。
私も、周りの友人や、レッスンの生徒さんからも多くこういったご質問をいただきますが、一体、美白アイテムって本当に作用するの?って、結構疑問点ですよね。

これをプロの観点から論じているのが、バリバリ理系のかずのすけさんです。

先日、Twitterでアンケートを取られていたので、ついつい私も回答してしまいましたwww



これ、美容に興味がある方は必見です。

何が興味深いかというと、結構な数の美容に携わる仕事をしている人間(私含む)が、




「効果はなかった」




と回答しています。

これは、美容に携わる人間だけでなく、どうやら一般の方も「効果はなかった」と感じた方は多かったようで、このかずのすけさんのとったアンケート上において、65%という数に。



化粧品に関するお仕事もあるため、このあたりはデリケートすぎる内容なのですが、私個人的な意見としても、「美白アイテム」に命をかけるようなことは、若干無理を感じます。

もちろん、効果を実感された方もいると思うので、それをすべて否定するわけではありません。


■ まぁ、そう焦るでない



以前もブログに書きました。

参照:【保湿美肌】OVER 30にオススメの潤う水とその他ご質問を細々と〜


私、年齢は34歳。子どもが1人おります。

もちろん、シミ、ありますよ。。。当然じゃないですかwww


こういったものは、自分の肌のコンプレックスになり得るものですが、「焦りは禁物」なのです。なぜかって?
それは……



1日2日でどうこうなるものじゃないから



ただ、それだけですwww



く、黒木さんっっ!!!!!
どの美白アイテムが、シミ消してくれるの?????


ん〜〜しいて答えるのならば、どんな美白アイテムもあまりその期待にはそえないかと(汗)

世の中には、数え切れない美白アイテムが存在します。


美容家のなかでも、「あれはいいよ〜〜」なんてオススメしていることもありますが、、、「が」、、、ですよ(汗)


頭痛薬など内服する薬でもそうですが、作用の強いものは、その分リスクも存在します。
私が特に感じるのは、鎮痛剤も、より作用が強いものを服用すると、胃が荒れてしまうということ、、、私だけではないはず!


それは、美白アイテムにもいえることで、「これ、シミよさらばできる!」みたいなアイテムがあったとしたら、その分リスクもあるということ、これを忘れずに。


ちなみに、黒木は、美白アイテム使っていません(爆笑)

クレンジング→化粧水→クリーム(最近は乳液にハマってる)→アイクリーム

以上。


■ 大きな問題になった美白アイテムのあの問題


以前問題になった、美白アイテムによる「白斑問題」を覚えていますか?

参照:2013年7月美白商品自主回収について

そう、カネボウですね。

カネボウのアイテムは、非常に優秀なものも多いなか、優秀すぎるがゆえ?といいますか、成分も先駆けてしまったという感じですね。

「ロドデノール」

という美白成分でした。

肌にまだら状の白斑が出てしまうというような症状を訴える方が多く、自主回収という結果になったんですよね。


「美白」ということ自体が、肌の自然なサイクルに反していることなんですよね。無理矢理、白くさせようとすることですからね。

つまり、反作用も起きる可能性は否めません。

仮に、ポジティブな作用があったとしても、その分、肌はダメージを受けているということ。



それって、肌の健康損ねているよ



肌って、その時だけキレイになればよいものではないし、生きている限りずっとお付き合いするものですから、「健康維持」を考えてあげねばならんのですよ。

だからこそ、今使っているそのアイテムが、あなたの肌にとって本当にプラスなのかどうなのか、それはよく考える必要があります。


■ じゃあどうすんのよ!!!ってねw

そりゃ「シミ」1つないキレイなツルツル肌になりたいですよね。

だとすれば、肌の免疫の向上、つまり底力をボトムアップさせるのが1番という結論に至ります。もちろん、時間のかかることです。

その分、1日1日のケアが重要だよということ。

継続は力なり! まさにこれですよ。
根気よく、しっかりと。

顔も体もそうですが、乾燥する人が多いのは、「洗いすぎ」も1つの原因。

顔は、メイクをしている限り、「洗わない」という選択肢はありませんが、洗いすぎている人が実に多いんです。

しっかりメイクをしたら、しっかり落とすことも必要ですが、これも先述のとおり、肌に負担がかかっています。

そして、しっかり落としたら、しっかり補うことも必要です。

が、しかし、しっかり補いすぎても肌に負担になってしまうという(汗)


よく、百貨店のコスメカウンターで、スキンケアアイテムを5つも6つもラインで紹介する販売員いますよね。

そりゃ、、、ねぇ。売らないとw

でもね、あんなに多くのアイテムを毎日使ったら、そりゃ肌も疲れますよ。。。

肌、苦しいっすよ。


まずね、肌への負担を軽減するのであれば、メイクをする時点で肌に負担の少ないアイテムをチョイスすること。

大きな面積に使用するベースメイクアイテムなんか特にそうですよね。




崩れにくい!カバー力最強!=クレンジングも大変




これ、忘れずに。

きちんと落としきれていなくても、肌トラブルの原因、しっかり落とし過ぎれば、それはそれで乾燥だのなんだのトラブルが起きる。


だからこそ、美肌を目指すなら、肌への負担が少ないアイテムを選ぶということを念頭に置かねばなりません。

もちろん内容成分にもよりますが、クリームタイプのファンデーションリキッドタイプのファンデーション、どちらが肌の負担が軽いか?

うん、リキッドです。

では、リキッドタイプのファンデーションパウダータイプのファンデーションではどちらが肌の負担が軽いか?

うん、パウダーです。



テクスチャーが軽くなればなるほど、クレンジングの洗浄力もそこまで必要なく、肌の負担軽減にもなるということ。



いやいや、私、パウダーファンデーションでカバーできる肌していないんで、、、、っていう人多いんですけど、それはね、

負のルーティンにどハマりですよ。



だって、肌がキレイになれば、そんなにカバーする必要がないから、ドロッドロのファンデーションを塗りたくる必要もなくなるんです。



ですから、美肌になるためにまず必要なこと、それは、なるべく肌への負担を軽減してあげること。

・落としすぎ、補いすぎ厳禁

これです。(しつこいねw)



適度に落として、適度に補うことを徹底しませう。


あと、パックとかのやりすぎも注意ね。

それも、補いすぎってやつの1つですよ。



私に最適なの教えてよ!!!

そんな方は、




きちんと1人ずつ肌カウンセリング、コスメカウンセリングもします。



YOU予約しちゃいなよ。















 




ストリートアカデミーでも講座開催中!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓



 

 

 


黒木のブログ更新情報をリアルタイムに受け取れます




コスメやファッションも要チェックです

Instagram
Eri Kuroki Make-up solution インスタグラム
 



……人気動画……

geneTVにてコスメレビューを担当しています。
メイクアップアーティストおすすめのアイテムは、こちらからチェック! 

   



.........ハイパー人気記事..........

・【単品使いは至難の技?】クッションファンデのメリット・デメリット

.........人気記事..........




note記事も大人気配信中!

▷ 
https://note.mu/erikuroki 

ブログを読んでいただけましたら、こちらを1クリックお願いします
(1クリック詐欺ではないので、ご安心をw)

with2
ランキングへ行くにはこちらをクリック! 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


読者登録、フォロー大歓迎!



 

 

 

 
 LINE@で黒木絵里の新着情報を
 いち早くゲット!