黒木絵里の徒然美ブログ

メイクアップアーティスト兼美容ライターの黒木絵里が、美容の豆知識やオススメコスメをピックアップしてお届けします。

カテゴリ: Ownd

12月に入り、何かとせわしなくなってきております。

黒木の執筆活動も、その他メイク関連もバタバタと年末進行でイレギュラー続出であります。


本日は、今週末12日(土)、13日(日)に行われますジョンソンエンドジョンソン様のイベント最終打ち合わせで、ジョンソンエンドジョンソン様本社に行ってまいりました。


エントランスには、素敵なツリー。

なんだか、たくさんのプレゼントに目がいってしまいましたw


近寄ってみると、こんなにもキラキラしたオーナメントが。


もうすぐクリスマスなのですね、、、、世の中は。。。。



ノロウィルスやインフルエンザも流行っているそうです。

くれぐれも注意をして、無事に12月を乗り切りましょう!



明日から12月です。

そう、師走です。


あと、1ヶ月で2015年が終わるんですよ。。。

やっと今は2015年だ、平成27年だと間違えないようになってきたのにw


もう2016年、平成28年も目前。

そして、、、、ビッグイベント、12月28日は、私の33回目の誕生日でございます。

(この情報いらない?w)


もうね、30過ぎたら、なぁ~んにも変わりませんよ。

変わるのは、体力と肌年齢だけ。。。。(十分変わってるかw)


そんなことは、さておきさておき、、、


タイトルの、

キャリア女性の9割が不満をもつ仕上がり!


これ、なんだと思いますか?

実はこれね、「メイクの仕上がり」に不満を持っているんだそう。

ヤーマン株式会社さん調べ


そして、求めている質感は、

「素肌感」

が堂々の第1位。


しかしね、そんな夢のようなものはなかなかないってことが言いたい、黒木。


本当の本当に、崩れにくさを求めるのであれば、オーガニックとか肌に優しいとか言っている場合ではないのですよ。「超崩れない!」を求めるのであればね。


しかし、最近では、肌への負担が少ないといわれる"ミネラルファンデーション"の化粧もちの良さにも驚きを隠せません。


ですから、自分の肌に合うファンデーションを探すっていうのが大切なんですが、ファンデーションジプシーの方が多いのが現実。


こればかりは、コスメカウンターに行ってサンプルもらったり、トライアンドエラーでやっていくしかないんですよね。


スキンケアの仕方、ファンデーションの塗り方によっても、化粧もちが変わることをお忘れなく!!


いや~~~わからん!助けて!という場合は、ぜひ、メイクレッスンを利用してみてください。


アメブロのメッセージでも構いませんし、フェイスブックページからでも大丈夫です。

困ったら、ご連絡くださいね!







冬らしい気温になってまいりました。

寒すぎて、極厚なコートを引っ張り出していますが、何しろ、部屋の中でも凍えています。暖房つけているのに、、、足元が。。。


歳のせいですね。。。。


さて、またまた新記事upです。



白湯について書いています。

白湯は、まさに美肌のもと。体の老廃物の排出を促してくれて、体の中からスッキリ!


私は、自宅にいるとき、基本的に白湯を飲んでいます。


率直にいうと、超いいです。


皆様も試してみてくださいね!





今日は、少し暖かかったです in 東京。

しかし、肌が乾燥するする……。


みなさま、ちゃんとスキンケア行っていますか?

化粧水も、ただつけるだけでなくて、きちんと浸透させるようにつけないと意味がありません。


特に、要注意ポイントは「目元」。

小じわの原因にもなるといわれる、目元の乾燥。保湿クリームだけでは物足りない!


そう、アイクリームは、もはやマストアイテムなわけで。


今までは、AVEDAのグリーンサイエンスシリーズのアイクリームを使用していましたが、今回は、これ。


キールズ クリーミー アイトリートメント


これ、アボカド成分配合なんです。食べるのも大好き、アボカド。ビタミンの宝庫なんですよね、アボカド。


保湿力は、抜群!

つけるときは、決してこすらずに。摩擦は、シワやたるみを引き起こすことも。。。。


アイクリームをつけるときの基本は、ピアノタッチでトントントン。

ホント、置くだけでOKです。


目元とは、それほど皮膚が薄く、スーパーデリケート。

(皮膚が薄い分、水分も逃げやすいわけです。)


目元が乾燥して、カピカピしていたり、小じわやくすみができていると、実年齢よりも10歳は老けてみえるといわれています。


逆に、10歳若返りたければ、しっかりアイケアをしましょう!っていうお話。


おあとがよろしいようで。


黒木でした。

素敵な3連休をお過ごしください。





↑このページのトップヘ