百貨店のコスメカウンターで化粧品を買うという行為を、「ハードルが高い」と感じている人も多いはず。

そこで、百貨店のコスメカウンターで自分の欲しいものをきちんと購入するために、最低限注意すべき2点を黒木がご紹介します。


 その1

肌がキレイな販売員に狙いを定める


→なぜかって? プロの肌が汚くて商品が売れるものですか! 肌が汚ければ、プロ意識が欠けていると思って結構。

だって、それが仕事でお給料をいただいているわけですから、あまりにも酷い肌の販売員は、プロ失格。

店頭に立つ以上、肌が汚ければ皮膚科に通うなり、美容皮膚科に行くなりの対処をせねばなりません。 

例えば、そのブランドのスキンケアを使ってもその肌になるんですよね?って思いますでしょ。

だからこそ、販売員は、常にキレイであるべきなのです。

このハードルがクリアできている販売員であれば、最低限のアドバイスはしてもらえるはず。


 その2

自分好みのメイクをしている販売員に狙いを定める


 
→いくら自分の好きなブランドでも、おいおい……というメイクをしている販売員は、自分との価値観が合わないと思ってください。

そもそも、自分のメイクが下手な販売員は、お客様に施すメイクも絶対と言っていいほどヘタクソです。

見極めていただきたいのは、「メイクが素敵だな」と思える販売員です。


事前に買うものが決まっていて、突撃するのであればどんな販売員でも構いませんが、旬なメイクやトレンドを求めにいくのであれば、この2点は最低限注意してもらいたいもの。

スキンケアアイテムを求めていくのであれば、その1はマストです。 





アイキャッチ画像引用元:Pinterest







note記事も大人気配信中!

▷ 
https://note.mu/erikuroki 

ブログを読んでいただけましたら、こちらを1クリックお願いします
(1クリック詐欺ではないので、ご安心をw)

with2
ランキングへ行くにはこちらをクリック! 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


読者登録、フォロー大歓迎!



 

 

 

 
 LINE@で黒木絵里の新着情報を
 いち早くゲット!


Instagram
Eri Kuroki Make-up solution インスタグラム
使用したコスメなどを撮ったりしています
是非是非フォローを!