肌は健康状態の鏡であるとよく耳にします。
これは実際に自ら、あるいは身近な人からの体験から感じたことがあると思います。
身体上の健康状態が悪いと、皮膚の血液循環や免疫システムの異常を引き起こし皮膚へのトラブルや不健康に見える状態になることがあります。

最近では心の健康状態も皮膚への関係があることが研究されていますが、複合的であるがために科学的な検証が難しい領域です。
一番わかりやすいのが、ストレスです。
経験ありませんか??
過度のストレスは肌トラブルを起こしやすいと言えます。
ニキビが悪化して症状も長引くことがよくあります。

皮膚はセンサー機能もあるので、これは自律神経系に何らかの影響を与えるでしょう。そして皮膚は免疫システムの発達している組織ですので、もし皮膚に何らかの炎症を起こせばその炎症反応が身体の免疫システムに連鎖的な影響を与えることもあり得ます。
皮膚から体内への働きかけですが、逆に身体および神経系からの皮膚への影響も生体反応として考えれば十分にあり得ます。

やはり心身が健康であることが美容の基盤のひとつであることには間違いない…はずです(笑)