黒木絵里の徒然美ブログ

メイクアップアーティスト兼美容ライターの黒木絵里が、美容の豆知識やオススメコスメをピックアップしてお届けします。

タグ:ファンデーション











月9で胸キュン、黒木です。

黒木のデフォルトファンデーションは、アルビオンのシフォンファンデです。








image


これもシフォンファンデ仕上げです。

パウダーファンデーションとは思えぬしっとりパウダー、そしてフルパワーなカバー力なのに軽い。

実に軽い。


そんなアルビオンから、新しいファンデが登場。


img_slider_1
引用元:ALBION

アルビオン スマートスキン ベリーレア 

ちなみに、8月18日発売ですん。


もうすぐね!




これね、クリームでもないのよ。

パウダーでもないのよ。


生チョコ。

まるで生チョコ!


とろける。。。


でも、顔につけるとパウダーファンデーション。


すごく軽い。


以前から、BBクリームがわりに使っていた、こちら。


6264_large
 引用元:ALBION


こちらよりも、1ランクカバー力が高い感じだけれど、ヌードスキンを実現できるツヤ感を損ねない仕上がりに。

なのに、崩れにくい。


なので、しっかりメイクはちょっと……という人には、もってこいなアイテムかもよ、ベリーレア!

ナチュラルスキンをご希望の方には、ヒジョーにオススメ。



気になる人は、ぜひ店頭でお試しを〜






 

 
 






 

 

 


黒木のブログ更新情報をリアルタイムに受け取れます




コスメやファッションも要チェックです

Instagram
Eri Kuroki Make-up solution インスタグラム
 



……人気動画……

geneTVにてコスメレビューを担当しています。
メイクアップアーティストおすすめのアイテムは、こちらからチェック! 

   



.........人気記事..........




・【モードメイクの巨匠のこだわり】ツヤ感を追究するならこれを持っていなければ始まらない

note記事も大人気配信中!

▷ 
https://note.mu/erikuroki 

ブログを読んでいただけましたら、こちらを1クリックお願いします
(1クリック詐欺ではないので、ご安心をw)

with2
ランキングへ行くにはこちらをクリック! 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


読者登録、フォロー大歓迎!



 

 

 

 
 LINE@で黒木絵里の新着情報を
 いち早くゲット!













先日、LINE@にご質問お待ちしておりますよ〜という記事を書きましたら、面白いくらいにたくさんご質問をいただきました。

ありがとうございます。


なかでも多かったのは、「毛穴問題」。

黒ずみ、角栓、ファンデーションの毛穴落ち……


わかるわかる〜と共感。


そこで、今日は、毛穴問題について、こちらでもお話ししておきますね。



■ 毛穴ケアに必要なものって? 

毛穴は、1日にしてならず。

1回ケアしたからといってキレイになるわけがありません。


では、どうすればいいか。

必要なものは、



「根気」



そして、



「継続」




これですね。これに尽きます。


地道に、基本的なケアをやっていくことが、毛穴を1番キレイにケアできる方法なのです。




ゴシゴシこすってしまったり、ぎゅーっとつまんで角栓を出したり、、、、


全て悪循環です。


■ 毛穴のスペシャルケア

毛穴のスペシャルケアは、毎日行うものではありません。

週に1回くらいでOK。(もっとやりたくなりますけどね)


超ベーシックです。

ホットタオルを鼻にあて、毛穴を開かせたらクレンジングオイルで優しくクルクルとマッサージ。


ぬるま湯でしっかりと落とし、水気をとったらこれでもか!というくらい、化粧水などスキンケアを行いましょう。

毛穴が開き気味だなと感じる方は、タオルにくるんだ保冷剤をしばらくあてておくというのもよいかもしれませんね。(あてすぎ注意)



■ 毎日するケアは?

毎日するケアは、メイク汚れをしっかりと落とし、その後化粧水での水分補給をしっかりと。

まずは、ここから始まります。

化粧水の量が足りなかったり、メイクがきちんと落としきれておらず、毛穴に汚れが入ったまま……というままでは、あまり意味がないんですね。



私も、毛穴の黒ずみにはかなり悩まされた時期がありましたが、これらを徹底して行ってきたことで、今は幸い黒ずみには悩まされておりません。

むしろ、以前よりも毛穴がキュッと引き締まった感すらあります。



ですから、始めるなら早い方がいい「毛穴ケア」www


今日から、しっかりと意識して始めてみてくださいね。



引き続き、LINE@のご質問受け付けております〜



 




 






 

 

 


黒木のブログ更新情報をリアルタイムに受け取れます




コスメやファッションも要チェックです

Instagram
Eri Kuroki Make-up solution インスタグラム
 



……人気動画……

geneTVにてコスメレビューを担当しています。
メイクアップアーティストおすすめのアイテムは、こちらからチェック! 

   



.........人気記事..........




・【モードメイクの巨匠のこだわり】ツヤ感を追究するならこれを持っていなければ始まらない

note記事も大人気配信中!

▷ 
https://note.mu/erikuroki 

ブログを読んでいただけましたら、こちらを1クリックお願いします
(1クリック詐欺ではないので、ご安心をw)

with2
ランキングへ行くにはこちらをクリック! 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


読者登録、フォロー大歓迎!



 

 

 

 
 LINE@で黒木絵里の新着情報を
 いち早くゲット!














だぁ〜〜〜〜!!!!!!

暑い。


思わず叫んでしまいますね。

黒木です。




友人からよく言われます。 

「小顔にするにはどうしたらいい?」

もちろんこう答えます。

「骨、削ればいいと思うよ」



それを1番したいのは、私です(爆笑)


うそうそ、小顔メイク教えますw



みなさん、小顔メイクっていうと、だいたいシェーディングよね?って言われますが、あれって一歩間違えるとデー◯ン小暮さんになってしまう方もチラホラ。。。


ブロンザーだのシェーディングだの、何個アイテムもてばいいのよ!ってね。

全くいやになっちゃいますね、暑いし。←全然関係ない……



そんなとき、手持ちのアレ、使ってください。

今トレンドのツヤ肌を利用すれば、手持ちのアレで十分小顔メイクできちゃうんですよ。


アレって何かって?


記事に書いてみましたので、ぜひこちらからご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


手持ちのアイテムでOK!プロ秘伝の「小顔に見える」メイク術 





 

 

 


黒木のブログ更新情報をリアルタイムに受け取れます




コスメやファッションも要チェックです

Instagram
Eri Kuroki Make-up solution インスタグラム
 



……人気動画……

geneTVにてコスメレビューを担当しています。
メイクアップアーティストおすすめのアイテムは、こちらからチェック! 

   



.........人気記事..........




・【モードメイクの巨匠のこだわり】ツヤ感を追究するならこれを持っていなければ始まらない

note記事も大人気配信中!

▷ 
https://note.mu/erikuroki 

ブログを読んでいただけましたら、こちらを1クリックお願いします
(1クリック詐欺ではないので、ご安心をw)

with2
ランキングへ行くにはこちらをクリック! 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


読者登録、フォロー大歓迎!



 

 

 

 
 LINE@で黒木絵里の新着情報を
 いち早くゲット!












最近の女性は、メイクが上手ですよね……。

自分の20代の頃の写真をみて、ギョッとしました。


とはいえ、20代はというと、20代はじめは化粧品メーカーに勤めておりました。

そのため、濃い。。。

とにかく濃い。。。


しかし、幸いにも肌がキレイだったこともあり、ファンデーションは飛ぶように売れました。



お客様「あなた、どのファンデーション使ってるの?」

私「これです」

お客様「それ買う!」

的な。



やはり、肌をキレイに保つということは、いいことがたくさん。



化粧品の販売員をしていれば、化粧品は売れる。
(……にしても、最近の販売員は肌が汚すぎて引く)


肌がキレイだと、メイクのりもいい!


肌がキレイだと、ファンデーションの量も少しで済むからコスパがいい!


肌がキレイだと、カバーするところが少ないからメイク時間も短縮!



まぁ、、、なんということでしょう……

こんなにもいいことづくめ。



しかーし、そんな肌がキレイな人も、若かりしあの頃のメイクをいつまでもしていたら、老けて見える原因に。


肌は、刻一刻と時を刻んでおり、年齢とともに変化をしています。

服装も変化していたり、メイクのトレンドもそのときどきによって全然違いますよね!


まさか、、、W浅野時代のトレンディなメイクをしている人は……いませんよね。
(実は、たまに街角で見かけて、一緒に写真を撮りたくなる欲求をひたすら抑えている黒木)



「TPO」という言葉があるように、そのときどきによって、メイクも着替えなければならないのです。



では、20代と30代を取り上げたとき、メイクの差はどんなものがあるのでしょうか。

記事化してみました。

こちらからご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


いつまでも同じはNG!20代と30代「似合うメイク」の違いとは



 






 

 

 

黒木のブログ更新情報をリアルタイムに受け取れます




コスメやファッションも要チェックです

Instagram
Eri Kuroki Make-up solution インスタグラム
 



……人気動画……

geneTVにてコスメレビューを担当しています。
メイクアップアーティストおすすめのアイテムは、こちらからチェック! 

   



.........人気記事..........




・【モードメイクの巨匠のこだわり】ツヤ感を追究するならこれを持っていなければ始まらない

note記事も大人気配信中!

▷ 
https://note.mu/erikuroki 

ブログを読んでいただけましたら、こちらを1クリックお願いします
(1クリック詐欺ではないので、ご安心をw)

with2
ランキングへ行くにはこちらをクリック! 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


読者登録、フォロー大歓迎!



 

 

 

 
 LINE@で黒木絵里の新着情報を
 いち早くゲット!













大概、ファンデーションは、自分の肌に合うものを1つにしぼるというのが一般的。

好みで、リキッド なのかパウダーなのか………人それぞれです。



しかし、日によって違う肌コンディション。

洋服は寒い日や暑い日によって着るものを工夫するのに 、ファンデーションは1つ。




肌コンディションは、気温や湿度、その日の体調によっても変わります。

なのに、1つ???←しつこいw



理想的なのは、ファンデーションを複数種類持っていただくこと。


肌コンディションが絶好調なときには、お気に入り順位No.1のファンデ。

少しコンディションが悪いなーというときは、なるべく肌に負担のかからないようなミネラルファンデとか。 



その時その時の、自分のコンディションを知ることで、肌をどれだけいたわることができるか、もしくは、コンディションが悪いときにもどれだけ肌状態を良く見せることができるかというクオリティにもかかわります。



そのため、何か1つお気に入りのファンデーションを見つけるのではなく、その時々で使い分けられるようなサブ的存在のものを用意しておくと良いでしょう!



 






黒木のブログ更新情報をリアルタイムに受け取れます




コスメやファッションも要チェックです

Instagram
Eri Kuroki Make-up solution インスタグラム
 




.........人気記事..........




・【モードメイクの巨匠のこだわり】ツヤ感を追究するならこれを持っていなければ始まらない

note記事も大人気配信中!

▷ 
https://note.mu/erikuroki 

ブログを読んでいただけましたら、こちらを1クリックお願いします
(1クリック詐欺ではないので、ご安心をw)

with2
ランキングへ行くにはこちらをクリック! 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


読者登録、フォロー大歓迎!



 

 
 

 
 LINE@で黒木絵里の新着情報を
 いち早くゲット!




↑このページのトップヘ